FC2ブログ

てのひらダイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リコー杯女流王座の海外招待選手

ええいウィキペディアの大タワケがぁ!
第4期は海外招待選手がいなかっただとぉ。
黄晟佳Huang, Shengjia
この人は上海かどこかの人ではないのか。ったくもう。

招待といっても、旅費とかリコーが出してくれるんだろうけど、ちゃんと予選がある。
ネット対局。今年は18人が2組に分かれて1人8局のリーグ戦。1位同士でプレーオフ。
3月22日(土)から30日(日)までリーグ戦。決勝は4月6日(日)。

将棋連盟だってちゃんとお知らせしている。
http://www.shogi.or.jp/topics/news/2014/03/post_952.html

ファイナル敗退はウクライナRyasnyanska, Viktoriya
>>後手が優勢だったが、飛車を切り飛ばして王手金取りかけたら、桂合いがぴったりで先手勝ちに。
という激戦だったらしい。
http://81dojo.com/event/RicohCup2014/womens-ouza-online-preliminary.html?3

リコー杯のウェブサイトに海外招待選手選抜の記事を載せればいいのに。
81道場へのリンクバナーだけでも。

海外枠ではなくてアマチュア予選の東日本大会が今年は海外決勝と同日、4月6日(日)だった。
西日本大会は2週間後の4月20日(日)。
東のほうが参加者が多い。東に出て負けた人が、西でリトライすることもできる。
このことは主催者サイドもウリの1つにしている。実際、今年は中澤沙耶がそうして1次予選に進んだ。

ウクライナのヴィクトリアも、大阪まで飛べたら西日本大会でリトライできたんだろうか。
当日受付は不可だが、4月6日以降でも申し込めるはず。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

イキル

Author:イキル
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。