FC2ブログ

てのひらダイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月から女流棋戦に復帰

読売11月11日編集手帳
「悲観せず、楽観せず、長い旅の一歩である。」
日中首脳会談実現を受けて。

毛沢東も言っている。一歩一歩的前進、と。

里見香奈が三段リーグ参戦目前にして休場を発表した3月。
体調不良の中、女流名人戦5連覇。
その就位式に天下の羽生善治が顔を出した。
究極の対局過多、超過密日程の羽生が女流の就位式に出席するのは異例も異例。
里見への祝辞で羽生は、ゆっくり静養するようねぎらった。

一歩一歩。
奨励会に編入した里見は、三段まで早く上がりたいと願っていたようだ。
三段リーグのきびしさを考えれば、チャンスは何期あっても足りない。
ここにきて自らの体調のために足踏み。
手にしたチャンスをすでに2期、そして来春からの1期も放棄することになる。

体調いまだ回復しない状況での女流棋戦復帰のようだ。
ありていに言って女流棋戦は三段リーグよりレベルは落ちる。
将棋を忘れて静養オンリーなど不可能なことだし、実戦をこなしながら体調を整えようというのも悪くないと思う。不可能ではなくて、将棋を忘れて静養するなどという試みは、体調を整えることにならないかもしれないのだし。

しかしなあ。やっかみは聞き流せばよいと思うけれどしかし、女流棋戦で稼ぎながら奨励会なんて虫がよすぎるなどという難癖はどうにかならないものか。奨励会員に女流棋戦同様の、いわば弱者救済的な、将棋で食い扶持稼ぐチャンスを与えられないのは、すなわちスポンサーが出てくるかどうかだけの問題に思える。

話が逸れる。ともかく出雲のイナズマ、なんとか乗り越えてくれることを祈る。

里見香奈は三段リーグ3期休場になる。
降段制度は、出場して降段点を2度取ると二段に降段することになっているらしい。
休場が続くと現状維持。26歳のタイムリミットが近付くだけ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

イキル

Author:イキル
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。