FC2ブログ

てのひらダイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄腕稲尾に、合掌。

西鉄ライオンズの鉄腕・稲尾和久投手が20連勝を成し遂げた1957年に、僕は生まれた。長男である。もうすぐ喜寿を迎える老母は、野球のことはあまり興味なさそうだが(一応は巨人ファンらしい)プロ野球の試合を観戦した経験がある。結婚する直前に、後にも先にも一度だけのデートで、野球場に連れて行かれたのだそうだ。場所は平和台でライオンズの試合だったと聞いた覚えがあるのだが、うち(実家)は鹿児島である。当時の鉄道事情を考えると、日帰りはほとんど無理じゃないか。結婚前に一泊旅行してのけるほど進歩的だったとも思えないし。

神様、仏様、稲尾様の訃報に接してのコメント多数。中では、野村克也当時南海ホークス捕手で4番打者のコメントが興味深い。稲尾投手との勝負は、楽しかったと語っている。頭と頭の勝負で、ノムさんの野球観にピッタリだったと。日刊スポーツのウェブサイトの記事では、野村コメント、半分くらいにカットされているみたいでもったいない。

稲尾も野村も、まったくの無名校出身で大成した。野村の出た京都府立峰山高校は、卒業してから45年後に見事甲子園出場を果たしたが、稲尾の大分県立別府緑丘高校は、今では大分市に移転して芸術緑丘高校と名前も変わり、音楽課程と美術課程しかないから野球部は存在しない。稲尾の4年先輩に川村英文元西鉄ライオンズ投手がいる。別府緑丘に商業課程が存在した(だから野球部があった)のはほんの12年間に過ぎないのに、何だかとても効率がいい。

緑丘高校の卒業生、なかなか有名かも。バリトン歌手の立川清登(すみと)は大分の人だったのか。阪神タイガースの歌も吹き込んでる。ほかにはスター錦野旦に惣領冬実、リリー・フランキーなど。

稲尾投手と頭の勝負を楽しんだ野村克也が、自身初めてのホームランキングに輝いたのが1957年。僕は「巨人の星」は読んでいても、プロ野球のことは何も知らないガキだった。だから稲尾が投げ、それを野村が打つシーンは見たことがない。もうちょっと早く生まれていればなぁ。でも…テレビ中継もやってなかっただろうな、パ・リーグだと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

 → この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

稲尾和久(元プロ野球投手・監督)伝説の「鉄腕」急逝

「稲尾和久(元プロ野球投手・監督)伝説の「鉄腕」急逝」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「多くの...
...この記事を表示

プロフィール

イキル

Author:イキル
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。