FC2ブログ

てのひらダイブ

球団を増やす

水島新司の「ストッパー」を読んでいたらイースタン・リーグとウエスタン・リーグの球団名が出てきた。イースタンは西武、ロッテ、メッツ、日本ハム、巨人、ヤクルト、横浜の7球団。ウエスタンは中日、南海、近鉄、ガメッツ、阪神、阪急、広島の7球団。
そういう時期に書かれたマンガだ。主人公の三原心平は昭和44年生まれ。高卒ルーキーの年、西武・清原が3年目を迎えている。

日本ハムはまだ巨人とフランチャイズを共有している。南海がダイエーに身売りして福岡に移るのはもう少し先。近鉄も、まだ、ある。
虚構のメッツとガメッツは東京と大阪の球団だから、けっこう大変なことになっている。東京に4球団、大阪・阪神には実に5球団がひしめく。

いま現実のイースタン・リーグにも7球団が所属している。北海道日本ハム、東北楽天、千葉ロッテ、西武、巨人、東京ヤクルト、そして横浜のファーム。
代わりにウエスタンは5球団しかない。中日、オリックスのファーム、阪神、広島、福岡ソフトバンク。

東と西で数が違ってはやりにくくないか。別にやりにくいことはないか。チーム数は偶数のほうがいいとかいうのも特に困りはしないようにも思う。佐々木信也さんあたりしきりに抜け番を作ってはダメだと力説なさるけれど。それにファームだからね。試合がなければ練習すればいいし。

しかしどうせなら8球団ずつにできないかと思ってしまう。イースタンにもう1つはBCLの新潟アルビレックスに参加してもらおうか。北関東…宇都宮かな水戸かな。土浦のほうかな。静岡に作ると静岡市ならイースタンだが浜松市だとウエスタンみたいな。

日本ハムが北に新天地を求めたように、東京でさえ3つ目は難しかった。大阪から1つ抜け出し、2つは合併したのも仕方のないことだったかもしれない。それなのにウエスタン5球団を8球団に増やすというのは無茶なんだろうな現実的には。だけど古田選手会はチーム数を増やす方向のビジョンを提示していたと記憶している。不可能ではないはずだ。

阪神、オリックスのほかにもう1球団、関西で。オリックスが神戸なら大阪ドーム球団を。どうしても両方フランチャイズでなきゃヤダというなら京都球団を。ああどうせなら京セラ球団にしてドームは2球団の準フランチャイズということにしたらどうだ。

四国に欲しいけどなぁ。本当に人口が少ないよねぇ。いくら野球は人気があると言っても。南九州も田舎すぎて無理だろう。熊本や鹿児島、宮崎で、年間50試合も60試合も1万人以上のお客さんを集められるとはとても思えない。2万人×50試合くらい来てくれないと採算取れないんだよね。こういう地域は、年に何度かしか/何年に一度しか来ない地方シリーズだからこそお客さんも来てくれるんだろうし。ああ、だから四国や南九州のあちこちで主催試合を組めばいいのか。そこに見込み以上のお客さんを入れる工夫を追加する。県に1つくらい万単位の観客入れる球場があるだろうと考えたオリックスが、地方開催をどんどん減らしている。ああはなるまいぞ。

もう1つは北陸かな。金沢か富山。イースタンが新潟にできると難しいか。でも静岡と浜松もできるとしたら同時に誕生しそうだし(そんな気がする)。

§

イースタン7球団を眺めて思った。パ・リーグに東京の球団が欲しい。日本ハムは出て行ったけれど、北海道で成功した営業戦略は東京ドームで肩身狭い思いしていた頃にはありえなかったのだろう。当然、しかるべき営業戦略のもとに、間借り本拠地ではないホームグラウンドを確保して。どこかなぁ。西か東か。調布になら空き地があるみたいよ。東だったら東京スタジアムにほど近い足立区綾瀬あたりで如何。

よく考えたら(笑)パ・リーグには東京の球団がないがセ・リーグには2つある。巨人をパ・リーグに移せば済む話だった。パ・リーグ7球団。偶数のほうがいいので四国に新球団。ああもお「ドカベン」と同じになっちゃう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

 → この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ザ・コクピット (11) (小学館文庫)

ザ・コクピット (11) (小学館文庫)・水島新司マンガ家生活50周年企画について・漫画家・水島新司さん・ドカベン (水島 新司 著)・水島先生バンザーイ!・祝!漫画家生活50周年!!水島新司先生の作品を語ろう・アニメ更新情報 『ドカベン』が更新されました。・野球ゲー
...この記事を表示

プロフィール

イキル

Author:イキル
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

▲ top