FC2ブログ

てのひらダイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将棋の女流棋士と囲碁の女流特別採用

まあ、だからこそ二段の女性はなかなか引退しない。三段に上がれさえすれば‘特別’扱いじゃなくなるんだから。

§

しばしば(将棋界から言い訳のように)聞かされる「女性を差別などしていない」というのは嘘っぱちである。
この場合、下の句は...
奨励会で研鑽を積み、勝ち星を重ねて昇段し、四段になりさえすれば性別関係なくプロ棋士になれる。なのに、
「四段になった女性がいない」
こう続く。
まったくその通りだ。
かつて香川愛生をはじめ何人もが奨励会で腕を磨いたが挫折した。
里見香奈でも三段リーグを抜け出すことはむずかしいらしい。
しかし、逆はどうだろうと思う。奨励会員が、つまりプロ棋士の下っ端は、女流棋戦には出場しないのである。できない。もちろん例外はあるが。
女流棋士という資格を、棋士=プロ棋士とは別に定め、その女流棋士が出場する女流棋戦を懸命の努力で開催に至らしめ、継続のため奮闘している。まったく頭が下がる。すべての女流棋士のためにも称えたいがしかし女流棋士という資格を棋士とは別に定めたところからすでにつまり最初から間違っていた。間違い=悪いことになってしまうか。言い換えてもいい。最初から差別していた、と。女流棋士に棋士とは無関係な女流段位を用意した。女流タイトルを争う女流棋士には、それなりの箔をつけるために段位が必要だった。よくわかる。なんとわかりやすい演出。

奨励会員でも女流棋戦に出場することはできる。例外的に認められるようになった。オープン参加、エントリー制を謳う新女流棋戦も誕生した。しかし、奨励会員が女流棋士になることはできない。奨励会員は、すべての女流棋戦に出場できるわけではない。

女性の囲碁棋士はすべての女流棋戦に出場できる。できるというより義務なのではないかと推測する。囲碁には、女流棋士という、棋士とは別の資格があるわけではないから。
実は、ちょっと微妙な部分もある。
「囲碁と将棋の違いは女性を差別しているかいないかですね」と問われたときに微妙な部分が浮かんでくる。囲碁も将棋と同様に、女性をしっかり差別している。囲碁も、と書くと、関西棋院に怒られるかもしれない。日本棋院の、女流特別採用試験が、女性差別だと言うのである。
結果として現実として女流特別採用棋士は実力が見劣りする。それを踏まえて、参加する棋戦の初戦で受け取る対局料が安く抑えられる。勝ち星を積み重ねて三段に昇段するまで‘女流特別’という但し書きは外せない。
もう1つ女流特別採用棋士について課せられる義務は‘赴任地’である。数年に1度の割合で中部総本部所属あるいは関西総本部所属となる。7年間は異動しない。
このような特別待遇が押しつけられる女流特別採用が差別以外の何者であろうか。
差別でもお飾りでもいいんだけど。

ごまかす、だます、嘘をつくのはダメだろう。セクハラ、パワハラ、まったくもって晩節を汚したと思う。残念。

で、そういうのはいいんだ。別の問題だから。

ここでは、逆ができないんではマダマダだということ。全然ダメと言いたいけど、一気に全面リニューアルなんてできるわけないし。可能性が広がったのは間違いない。

逆というのは、女流棋士は奨励会入会試験を自由に受けてよろしいのに、奨励会員が女流棋士番号をもらいたいから審査してくださいと願い出る窓口がどこにもないということだ。
女流棋士→奨励会員はオッケー、できる。
奨励会員→女流棋士はできない、というか昔と何も変わっていない。

奨励会員が女流棋戦に出場することは自由である。英語の原文がありそうな文言だ。
マイナビ女子オープン(以下マ女)はその名の通りアマチュアでも予選から参加できる。
リコー杯女流王座戦(以下リ座)も創立当初からエントリー制を謳い、奨励会員にタイトルを与え続けている。
霧島酒造杯女流王将戦(以下女将)には女流棋戦のタイトルホルダーがシードされるのでマ女やリ座を獲得すれば奨励会員でも女将に参戦できる。

ひと昔前までエントリー制なんていうブレイクスルーは想像できなかった。マイナビ偉い。リコー様々。
香川愛生も、泣く泣く奨励会を退会して、女流棋士の資格を得てから女流棋戦に参戦した。

奨励会員の間まで出場できる女流棋戦がいくつかできたけれど女流棋士になれるわけではない。
逆に、女流棋士は奨励会受験して合格したら両方の資格を併せ持つことになる。
そんなの、おかしい。誰も困らないのかもしれないけど、変なのは解消したほうがいいんじゃないかと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

イキル

Author:イキル
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。