FC2ブログ

てのひらダイブ

いじめ

いじめ

いじめの加害者川父兄ないし保護者、要するに両親か母親か父親。
こういう人たちは、モンスターペアレントになっていることが多いと思っている。
なぜなんだろう。
たとえば、つい数日前に報道された、被害者側に何の連絡もなく、加害者側にだけ、いじめ検証レポートが手渡された件。加害者側の要求に、学校当局が応じた。
フィクションの世界でよくある、加害者側が開き直るケース。これは実際その通りであつて、だって目の当たりにしたんだもの、いやもうスゴイのなんの(以下略)。
抑えに抑えてここまで書いたが、いじめの加害者。死刑にするべきだよ。寂聴が何と言おうと。一族郎党御家断絶。子孫残すなんてとんでもない。
すでに死刑なのか御家断絶なのか明瞭でなくなってるけど、死刑では軽すぎる。一生、生き恥を晒し続けるべきだ。寂聴御意。絶対に死なせない。ハイテクの限りを尽くして生かし続ける。こいつは人をいじめたろくでなしだ。こいつらはそれに加担し、あるいは看過した穀潰しだ。そして、そんな子を産み、育て、人様の愛しい子に一生消えない傷を負わせたファミリーだ。
加害者側だけのゲットーを作るべきだろうな。まともな世の中でのさばらせておくと、被害者側の目にも触れるから逆に傷つき続けることになる。加害者側の一族郎党ばかりどこか人外魔境に隔離すれば、そりゃあ、いじめをして平気だという品性下劣同士、何が起こるか(再び中略)。すでに記したように、何が何でも死なせない。自死を選ぶしかなかった被害者がどれだけいると思ってるんだ。同じことをするからもう許してくださいダァ? 被害者がもうやめてと泣いたときに、お前がどうしたか、忘れたのかな?
死なせないためには、とんでもないハイテク医療と莫大な資金を調達しなければならない。
ハイテクのほうは、あれだ。科学は軍事のために進展する。この世の地獄を実現するために、世界の叡智を結集してもらおう。
資金も同様に集められそうだが、罪と罰は一族郎党に負ってもらうのだ。資金を提供すれば、地獄に送るのは待ってやろう。もちろん、資金を提供できなくなれば即、地獄送りだ。
え?
人権?
何があっても死なない完璧な医療体制なんですけど。
退位したいと切なる願いを表明しても、ばっさり却下されるどこかのシンボルよりマシじゃないですか。
逆か。こんな地獄が考えれば、陛下も死ぬまで我慢してくださるかもね。

スポンサーサイト



テーマ:雑記
ジャンル:その他

プロフィール

イキル

Author:イキル
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

▲ top